日本語で溶岩という意味のアーマーリングです。(厳密にいえばラバー)

槌目打ちを施したアーマーリングとなっています。

最近は槌目にハマっていて何でもかんでも槌目にしているような感じですね。

槌目は力の加減で広く凹んだり細かくなったり同じような感じができないので一品一品違ってきます。

出来上がりが違うので今回はこんな感じかと毎回毎回新鮮な感じがして面白く思います。

KIMG0849

KIMG0850

 

このアーマーリングは銀板一枚一枚丹念に叩き槌目打ちをした板をつなぎ合わせた作品です。

そして今回からアーマーリングの作り方を少し変えています。

今まではパーツを下からつなぎ合わせていたのを上からに変更しています。

指輪としての安定感が欲しかったのでサイズ固定しているアーマーリングはこれからこの形にします。

フリーサイズは今までと同じ製法でいきたいと思います。

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください