天然石を使ったイヤーカフを簡単ではありますが

紹介させていただきます

 

銀板から丸めてイヤーカフの形にしたあと石を通すための支柱のトンネルを作ります(イヤーカフにする所は省略してあります 写真撮るの忘れてた(・_・;アララ)

イヤーカフ制作風景1

 

←写真のように真ん中にトンネルのための穴を開けておきます(貫通しなくていい)

 

 

 

イヤーカフ制作風景2

 

トンネル状に丸めた丸線を穴のところに置きます うまく立たない場合は穴を深くします

ロウ付けするため丸線置く前に穴のところにフラックスを塗るのを忘れずに(少量で構いません)

 

 

イヤーカフ 制作風景3

 

 

ロウ付けするとこのようになります

始めは全体に温めるように火を当てフラックスが溶けたら銀ロウに火を当てます

 

 

はじめから直接当てすぎるとロウが溶けきるまでに銀線が溶けてしまいますイヤーカフ 制作風景4

 

失敗 やり直し

 

 

前と後ろ両方ロウ付けしてトンネルの完成です

イヤーカフ 制作風景5

 

 

一気にロウ付けするより一つ一つロウの量少なめでやるほうがいいと思います

 

 

 

イヤーカフ 制作風景6

 

 

酸洗浄で黒くなった酸化皮膜を落とし綺麗にします

横の棒は石を通すための支柱です

 

 

 

 

イヤーカフ 制作風景7

 

酸洗浄するとこのように白くなります 

ロウ付けした部分や黒く残った所をヤスリ等できれいに磨いていきます

 

 

イヤーカフ 制作風景8

 

完成間近

組み立てていきます 

イヤーカフ本体は磨いて鏡面仕上げしてあります

天然石アマゾナイトとローズクォーツの丸ビーズを通して

 

ハートを付ければ

ハート 天然石イヤーカフ 完成です ハートは前もって純銀で作っておきました

また機会があれば他の作品工程を載せていきたいと思います。(^O^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください