オルゴナイトペンダントの制作


 

オルゴナイトのネックレスの制作する手順を簡単ではありますが 紹介させていただきます。

ハンドメイドのオルゴナイト(ほぼハンドメイドしかないのですが)ネックレスの多くは既存の合金台座が使われておりオルゴナイト本体部分を手作りするのが主流です。

私は銀の台座が販売されてなかったので自分で彫金して銀の台座を用意するしかなかったのでオルゴナイトの台座が欲しい方は市販の台座を買われた方が早いかと思います。

それでは始めます

 最初に銀板を用意して 台座1 銀盤の裏部分に彫刻しておきます。

 後から彫刻するのは難しくなるため先にして台座の大きさにカットしておきます これは2.5cmにしてあります。

まだ丸くカットしなくていいです。

刻印もここでしておくといいでしょう。

 

 

 

台座2
 
銀線で輪を作ります。

大きさ2.5cmに合うような輪っかを作りますが難しい方は先に輪っかを作って銀板の方をわざと大きくすると後々ロウ付けするとき楽できます。

結果オルゴナイトが収まればいいのですから輪っかで寸法合わせしたほうがいいですね。

 

 

台座3

ロウ付けを終えた図です。ロウ付け中の写真撮り忘れました(>_<)

ろう付する際は輪っかと銀板を合わせて付けるのですがズレる場合があるのでカラゲ線などを使って固定するのがいいでしょう 。

 

 

 

台座4

 

ここで周りを切って丸くします。

まだ綺麗に研磨しなくていいです。

だいたい切ったら次は

 

 

 

 

 

台座5

 

チェーンを通す留め具を付けます。

私はこの部分によく刻印をします。 

銀盤は彫刻画でいっぱいになりますから空いてる部分は利用しようってことで。

刻印の写真撮り忘れ~(´Д`)

 

 

 

台座6

 

 

酸洗いをしてます。

 

 

 

 

台座7

 

全体が白くなりました。

黒い部分は削り全体をヤスリ等で研磨していきます。

そして全体が銀色になり白い所がなくなったら

研磨剤と使いピカピカした鏡面になるまで丹念に磨き上げます。

 

 

そして作っておいたオルゴナイトスフィアをはめて紐を通せば

完成です!

堕天使3